嘆き

神をあなたが愛していないのに
神にもっと愛されたがる人がいる

神への愛を語るだけなのに
神からの愛を更に欲しがる人がいる

神からの信頼に欠けるあなたなのに
神からの導きを信頼できないと悩む人がいる

神への愛を失っているのに
神を思案し何を得ようとしているの?

神への愛を失っている人が多すぎる




いらだち

時々 過激な言葉だけれども
教えの中でイエス様は言われる事がある

救えないのではなく
救わないのだ

この言葉だけを聞くと 
神が選んでいるのか?とか、その段階ではないのか?など 人間は勝手に考え出して神の愛を感じずに終える事がある

よーく
感じてみてください

宇宙法則の第一は?
自由意思の尊重 です。

救えないのではく
救わないのだ

神に救いを求めていないのに
なぜ
神は救ってはくれない!と非難するの?

神がくださっている導きに、抵抗し
従わないのに
なぜ
神さまは助けてくれない!と非難するの

神の愛に気付けず
自分の思う形にならないからと言って
なぜ
神を非難できるのでしょう

人間が、身勝手なのです。

都合よく神を語り、利用し、自分好みの神に仕立て上げます。
神を侮辱し、偉そうに、神はこういうものだと押し付けてきます。

図々しい
あなたは神に唾を吐いている

そう言われたことはありませんか?

あなたは神を知らない
神の何をあなたは知っているの?

神の愛を受け取りながら
神を愛していない、その様な人に触れると苦痛で仕方がないのです。




新しさへ向けて

12月1日(日)13:00〜14:30
◎お話会「イエス様からのメッセージ」
がございます。
今のところ参加者はお二人
みなさんは12月のクラスに向けて
身構え固くなってはいませんか?
大丈夫でしょうか

大切なのは心です。
自我の特徴を捉えて
自分の生き癖を掴み出したら
頭での分析は越えて
どんな感情も心を開いて感じてくださいね。

感じるだけです。
解釈も説明も感じたことを言葉に置き換えて納得する必要もありません。
逃げ出したいのは自我です。
心を決めて安心したいのも自我です。
見つけたら、そっとして
あなたは感じ続けてください。

あなたを責めるのは誰ですか?
イエス様ですか?
天使ですか?
まさか。

あなたを責めるのはいつも
あなた自身です。
罪悪感がもっとも波動を下げます。
感謝と楽観主義であなたを引きあげてください。

お話会にご参加される方は
心を開いていらしてください。
あなたを見つけてください。
新しさへ飛び込めます様に

楽しみにお待ちしています。
お部屋は605です。
いつもありがとうございます!




信じる力、耐える力

何度言ったのだろう
教室で
イエス様からのエネルギーを言葉にして

図々しい
何様のつもり?
なぜ?そんなにあなたは偉いの?
と。

心より頭が素晴らしいと思い込んでしまっている場合に
自我と距離を持たせる為、強い言葉で揺さぶる事がある。
何人の自我に届けて来た事だろう

9月からのマンツーマン教室が全6回の終わりを迎えていく。

何度 涙して、あなたはトボリ、トボリと帰ったことだろう
苦悶の日々をどれほど越えて来ただろう
悩んで
痛くて
苦しかったでしょうね

それが
どうでしょう

あんなに受け入れがたかった
あの言葉が
あんなにムカついた
あの言葉が

自分と向き合い、留まり、感じ続けたら
あなたはついに、見つけた。
涙を止めて、あなたは言った

「神様より偉い私がいる」

ああ、
私は神様より偉かったんだ 涙
それだもの
任せられず、委ねられず
もっと自分が頑張らないと!
もっと私は出来るはず!となっていたんですね
と。

受け入れただけなのに
パッとエネルギーが切り替わる
受け入れただけなのに
スッーとすべてが楽になる
受け入れただけなのに
今までの自分が脱げ落ちていく

本当に、おめでとうございます。


6回目を迎えていくと
多くの方が素晴らしい変化を体験しています。

ある人は
こう言いました。

なーんだ!そういうことか!
捨てよう!捨てようではなくて
心に従う、感じる、を選ぶだけで
頭は、捨てらさってる!ということなんですね!

痺れる程の名言です。

そう、
「捨てらさってる」のです。

ありのままの自分を心で、感じただけで
古い自分が消えていく。

私たちはエネルギーです。
維持していたエネルギーが変わるのです。
内側が変わったので、後は自然と成長していきます。

素晴らしいです。
本当に おめでとうございます。

辿り着いてみると、あの、時間こそが
何よりの神様からの贈り物。
信じる力、耐える力を与えてくださっていたのです。

みなさんの変容を拝見出来て、心から感謝しています!





そのままを受け入れる、と

夫は勿論、素晴らしい部分も沢山ある。
見習いたいなぁと思う点や、ああ、こんな風に優しくなりたいなぁと感じさせてくれたりする

でもね、

毎年毎年信じられないくらい
手袋を無くす
一冬、二双は必ず無くす

去年までの私はこうだ

ああ!もう!なんでそんなに無くせるの?!
今まで何足無くした?!
両方の手袋に毛糸を付けて首から下げときなさい!
子供か?!

「今年こそは、無くさないでよー!」
と。

でも、今年 ふと気づいた。

ああ、私はありのままの夫を受け入れず
こうあって欲しい(手袋を無くさない、普通の大人であって欲しい)
を押し付けて受け入れてこなかったのだなぁ

手袋を毎年無くしてしまうのが、その人なのならば…

そうか。

今年はこう言えたのだ。
「ねぇ、ちいちゃん
今年はさ、手袋二双買っておこうよ」

すると、初めて夫は

「ああー、この辺が(胸をさすりながら)モヤモヤするー!」と、
ようやく自分を感じてくれました。

さあ、今年は何足買い足すことになるのでしょうか?

受け入れる→感じる→自分(こうあって欲しい私)を捨てる→内側が変わると外側(言葉)が変わる

こんな感じです。





秘訣

秘訣
感じる為には 待つのだよ
感じるを育むのは 待てる力だよ
待つのだよ

正しいのか 正しくないのか
ではないよ
自分がどう感じるのか?

そう感じている自分を捨てる為に
感じるのだよ

結論を出したがるのは頭
心に従うのに、急いでは見えてこないよ
正解を欲しがるのは頭
こうじゃなかったのだなぁ を見つけて 脱ぎ捨てて行くのが心

急いだら負け

「混ぜるな危険!」と書いてある洗剤の様に
覚えておいて

「焦るな危険!」だよ

この世に肉体を持ちながら
あなたは内的世界を大切に生きると決めた
それは目には見えない
ハッキリとは掴めない
心に従う
心で感じる

それはそう簡単にはいかないね。
でも 諦めらいで
粘り強くあって

焦るな危険、ですぞ

みなさん、頑張ってくださーい!
応援しています。



自分と神様どっち?

出来る自分を育てるの?
出来ない自分を反省するの?

いいえ、どちらでもないし、どちらでもいい

立派な自分を大きくするの?
情けない自分を改革するの?

いいえ、どちらも放って置きなさい

出来たら喜ぶの?
出来ないから落ち込むの?

ねえねえ 気付いて

いい自分を育てるの?
ダメな自分を良くするの?

どの自分もそっと横に置いて
どの自分も捨てていくのですよ

自分を捨てて
神に近づくのですよ
自分を失くして
愛に飲み込まれていくのですよ

自分が出来るとか出来ないとか
自分が分かったとか分からないとか
自分が納得したとか、していないとか
自分の考え
自分の手柄
自分の思い
自分の成果
自分、自分、自分

自分を残して愛になれる?
自分を捨てて神を望むのではなかったの?
あなたはどこにいる
何を苦しんでいる
自分の何を見て苦しんでいるの?
悩むの?
捨てるのではなかったの?

あなたと神様どっち?




怒りは原動力になる

怒りを感じることを恐れて
感じているのにやり過ごす人が多い
私もどちらかといえばそのタイプだ

かき消しても忘れようとしても
湧き上がってくる感情の時は要注意だ
もったいない
もったいない

それが怒りや悔しさ、いら立ちという
一見ネガティブな感情であっても
本質からのメッセージだったりする
怒りを抱くきっかけをくれた相手にそれをぶつけるのではなく
怒りをそのまま感じていく

何にこんなに私は怒りを感じている?
どこ?どの部分?何に対して?

感じていく
感じていく

すると正体が出てくる
私の場合は大抵が
神様に関しての事だ

神の中にいるのに
神はいるのか?いないのか?などと
ふざけたことを言うな!
おまえはアホか!ってね。

これを私の頭はさも理性的に穏やかに
ただ、鎮めようとする。
それでも
湧いてくる感情ならば
それはきっと大切なこと
味わう必要がある

怒りは気づきをくれる
自分は何を最も大切としているのか?
通りすぎる事が出来ない程、自分にとって大切な事を教えてくれたりする
そして大抵それは
愛に関係している。

怒りは感じてあげると変化する
辿り着けたその場所は
きっと愛が必要な場所

怒りは原動力になる
感情は進化を促してくれる

時に怒りは
自分の大切なものを明確にする

道が呼ぶことがある

感情とはそれ程
神聖なものにもなり得る。




小さな奇跡

スーパーでシラスが安かったので買いました。
タッパーに入れましょ 
とシラスのラップを剥がします。
いつも何気なく見て食べていたのに
突然こんな気持ちになりました。

なんて小さいのだろうね
こんなに小さな体で
あの大きな海を泳いでいたの?
小さな小さな
お口であなた達
何を食べていたの?

ってね。

ほうれん草を夫にたらふく食べさせたくて
大きなお鍋で茹でましょう
お塩を入れて
サッと放ったら
みるみるうちに
なんて綺麗な緑色

鮮やかで見とれる
根っこは
恥ずかしそうな可愛いピンク
どうして?
どうして?そんなに可愛い色になれるの?

綺麗だなぁ
美しいなぁ
鮮やかだなぁ

それは一瞬で
それは尊くて

神様って
神様って

凄いんです。


令和も素晴らしい時代となります様に!!



新種の幸せ

週に6日 
少なくても2時間、大抵4時間はチャネリングし
メッセージ、教えを伝え続けている。

繋がり続けるのはまったく気にならない、大変と言うことはなく
高い波動に触れ続けるからとてもとても気持ちがいい。
ただ、喉への負担は気をつけている。
と、ここまでは自分を知っていたのだけれど

ああ、こういう幸せもあるのだなぁと見つけた 
新たな幸せ

誰とも一日中 話さなくてよい 
という幸せ
一言も発しないという幸せ
なんて贅沢
なんと静か
自分が安心し力強く満ちていく

週に一度の定休日
夫は出張
ああ、口をつぐんでいられる幸せ
ありがたや
ありがたや


また1週間がんばろう
宜しくお願いします。



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座