祈り

スルスルとすり抜けていく 毎日が飛ぶように過ぎていきます

貧血がひどくて婦人科に通ったり

確定申告を済ませたり

次々とやってくる毎日のお仕事に取り組み

すべきことに精一杯向き合っていたら

いつのまにか届くエネルギー量がとても置きくなっていて

頭がガンガン、パンパンになりました。

痛み止めを飲んだり、何かの副作用かと心配したりもしましたが

ふと

原点に返ってみたら 

ああ、今のままでは受け皿が小さくてパンパンです 

気づいてみたらなんてことはない 

「基本的な」ことでした。

 

それに気づいてからは下位のチャクラへの瞑想を強化しましたら

スムーズに流れるようになりました

 

こんな些細なことなのになぜすぐに気づけなくなる程

私たちはすべきことに追われ思考で処理をしていくうちに基本的なことを見逃して

自分本来から離れていくのでしょう

内的世界の探求の為この世を肉体を持ち生きているのに

するりとすり替えが起こって目的をふと見間違えてしまう

 

忙しい毎日を乗り切ることや健康に生きることが目的になったり

誰かのニーズに応えることやミスなく一日を過ごすことがテーマになってしまったり

全ては魂の為なのに

どれだけ魂の為の選択をして今日という日を生きれているのだろう

 

感情的に飲まれてみたり

利己的なエゴに落ちてしまったり

神様を勝手に遠いところに置き去りにしてみたり…

 

いつも大切なことは基本的なこと

その基本を強化しながら応用していく

その応用は決してズルは通用しなく

ほんの少しの怠慢も神聖な清らかさには通用しない

 

どれだけ私たちは自堕落なのだろう

どれだけ自分の都合のいいようにこの世界を生きているのだろう

 

連日のイエス様からの愛のこもった嘆き、導きを伝えながら

 

私はどうやってこの愛に応えられるのだろう

どのように神をほんの少しでも愛することが出来るのだろう

せめて私だけでも私の全てで神のものとして捧げられたらいいのに

私を捧げられたらいいのに

私の全てを捧げられたらいいのに 

そう身も心も震えています

 

どうかこの祈りが真実となりますように

 

 

 

 

 

 



プレゼント

去年の末、今年は楽をさせてもらおうと思い
おせちをネットで頼んだ。

ニュースにもなった、あの、博多のおせち
1286件のまさにその一件分が我が家だった。
あは!

配送業者さんの温度設定ミスにより
商品を回収した為
大変申し訳ありませんが、おせちをお届けすることが出来なくなりました。
と、到着予定日の前日にメールが来た。

その後電話を頂き
全額返金は勿論のこと
お詫びとして、注文と同額分の現金をお送りします。

という内容だった。

こちらとしては
なんとも珍しい展開が面白いね、と
夫婦で笑い
私はすぐに
ああ、私が
今年はお金で解決してもらおうとお正月を迎えるにあたってその様な心持ちだったから
やはり、外側の世界でも
「お金で解決させてください」
と、こういう事になったのだなぁと
反省した。

当日はというと
いつもとは違うお正月料理を食べられて
私も家族も新鮮な楽しさや喜びをもらった。

イエス様がよく教えてくれる
"すべてはプロセス、結果ではない"
気づきにはその先があり
さらに気づき
どんどん気づき、広がっていく
だから
"ひとつの気づきで終わりにしてはならない" その様な教えがある。

まさしく
今日それが起こった。

ピンポーンと呼び出し音
そのおせち屋さんから、更なるお詫びの品と、その一件についての詳細、改善点などの報告が届いた。

立派な高菜のお漬物が三種類入っていた。

その丁寧な気持ちは
ああ、ここの会社はより良く進化していくのだなぁと感じさせた
そして 有難いなぁ とも。

失敗を恐れないこと
一時の痛い思いは、より良い幸せへの梯子になる
すべてはプロセス
自分が終わりにしなければ、どんどん広がっていく

物、お金、だけではない気づきのプレゼントをいくつも頂けました。

皆さんも更なる気づきを得てくださいね


さあ、午後からの天使の教室も楽しみです!





超えていく

我ながら、なかなかの適応力な様で
馬車馬の如く働くことにも、どうやら適応したようで
自分の受け皿が大きくなると
見えてくるもの、感じる幅がやはり広がるようで
つくづく
自分は自分に甘いなぁと思えるようになった。

振り返ると走り抜けていて、立ち止まってみると、もう平気になっていて
実はもっと
やれる、訳で。

だから天使さんはいつも
大丈夫、大丈夫、やれるよ。
大丈夫、大丈夫、自分を信じて。
と、ニッコリする訳ですなぁ

怖がっていたいのですね、とか
迷っていたいのですね、とか
どなたかに届くメッセージ
私の場合は、
弱音を吐いていたいのですね、となるようだ。

今となってみれば
あの抵抗は一体なんだったのだ?と思うことばかり
無駄な抵抗はいい加減にやめなさい!と自分に教えてやらなくては

自分を知るのは面白いこと、楽しいでしょ?と天使は微笑む
そうですねぇと頷きながら
知った以上は
今後はどうするのか?を意識させられる

私はもっともっと変わりたい
神様の真正面に立って

神様に愛を伝えたい


どうやら心の一区切りはついたようだ。




甘い

第2期目のマンツーマン教室が始まっています。
今期の皆さんも、なんだかとても興味深い。
愉快な、奥深い、徹底して…
多々感じさせてくれる中
よく用いられる言葉がある。
ひとつは

"楽しむのだよ
面白がって
自分を知ることを"


もうひとつは

"甘い 甘い 甘い!"

と。

教室を行う度に
自分を振り返っています。

言葉を生きているのか?
教えを生きているのか?

私の甘さを捕まえよう
見逃してる場合じゃないのだ。


今日も素晴らしい一日をお過ごしください




分からない

どうしてこんなにアウトプットがしたくないのだろう
考えていることや感じていること
気づいたことや今興味のあること
どんなことでもいいから
ブログに書きなさいと言われるけれど
どうにも外へ出したくないのだ
説明が面倒なのか
伝えたくないのか
表現したくないのか
なんなのだ?

私はちっとも 自分をわかって欲しいという気持ちが湧いてこない
分かられてたまるか!
そう思ってしまう
それほど私は自分が大事で
きっと独り占めしたいのだろう

魂のクラスの最後のメッセージは
自分を愛することの大切さを伝えてくれていた

"この世にたった一人のあなた
過去にも未来にもたった一人のあなた
似たような人がいても本物のあなたはあなた一人
共鳴することがあったとしても全て同じに感じることなど出来ない
唯一無二の大切なあなた"

その特別なあなたを
誰かがすべて分かってくれる
そんことなんてないんだよ
分かり合えない を受け入れて
向き合っていけば思いのほかうまくいったりするんだよ

分かってあげようとするから、どちらかが我慢する
分かってあげたい!その気持ちが
聞かれてもいない意見を発信させる
分かり合えないから、一緒にいたくない
なんて思ってしまう

違う違う違うよ。

分からないから、興味が湧く
分からないから、面白い
分からないけど、愛してる
これは想像以上に容易なことだよ
そしてそのフリーな感覚は
なかなか
ステキなものだよ。


分からない。それを早く受け入れて。




変われたのかな

馬車馬の馬のように盲目に働いていましたら、こんなにもブログから遠ざかってしまいました。

アクセスしてくださったみなさま、何の更新もなくすみませんです。

 

雪が降り秋から冬に突入ですね。いかがお過ごしでしょうか。

今日早速苦手な雪かきを致しました。

口呼吸になりながら日掛けで固まってしまった雪をガンガンたたき割り車に積もった雪を降ろしました。

 

春になった( *´艸`)と暖かな陽気に心解れ

うわ〜緑がきれいだな〜と夏を迎え入れ

暑い日ってあったっけ?といつの間にか秋になり

大好きな秋よ、永遠であれ!なんて心地よくいたら…

ちゃんと冬の到来ですね

 

私は四季とともに少しでも変わることが出来たのだろうか?

龍に乗って連れて行ってくれるまま共に過ごして

ある夜大きな白いしっぽが私の右横からちょっかいをかけてきた

「でっかい尻尾が!でっかい尻尾が!」と

楽しそうに うなされていたそうな

翌日確かめてみたら西を司るエネルギーの”白虎”だそうで

龍の反対側を守っているんだね

 

”値する存在か、確かめに来た” と 言っていました。

 

”勇敢であれ

全てのものを払いのけてあなたの先を歩いてゆく

獰猛にバッサリとなぎ倒しあなたの前を歩いていく

心配ない

ただ神に仕えよ

勇敢であれ”

 

伝えてくれたその日の雲は

私に触れた白く大きな あの尻尾だった

あれから数か月 

私は勇敢であれたかな

 

白虎がついてくれる前の私は、何かもっと移り気で散漫だったかもしれない

今の私は白虎が歩くその後ろをただ黙々と努め夢中でその時を生きている

そして 恐れがないことに改めて気が付いた

 

龍さん、白虎さん、ありがとうございます。

私、馬車馬のようでもいいんです 笑( ´∀` )

感謝しています。

 

 

 



抜け毛ハート

今朝のレッツが、カイカイカイと後ろ足で顎をかいて、
レッちゃん毛がふわふわ抜けたねぇ
と言って近づいてみたら

ス、テ、キ

抜けたレッツの毛がハートになってました



それだけのことなのに
嬉しいものです。






今日も生かされている

本当だ、手稲山に雪が積もっている

今朝早くゴミ出しの時に見た新しい景色

 

冷たい空気の中

空を見上げると半分の奇麗なお月様

ああ、ハニエルは朝でも美しいのですね〜

 

お月様を明るさの中で見ていたら

地球がいつも私たちをしっかりと引っ張ってくれている有難さが

じ〜んと込み上げてきた

 

もし、自分だけの力で地球に留まって生きていくのだよと、神様に言われたら

私たちはアッと言う間に宇宙空間に投げ出されて

地表から浮かび上がったと思ったら‼あれよあれよとものすごいスピードで

あの極寒のお空に飛ばされて、息もできずに

あれまっ‼一瞬で

お陀仏だ

 

ああ、なんと有難い地球さんの重力

私たちを生れてからずっとここに引っ張って置いておいてくれる

地球のパワーが無かったらここに留まることさえ出来ないなんて

どれだけ地球にお世話になっているのだろう

食べ物も飲み水も、空気も美しさも、健康も豊かさも

すべて地球が下さって…

 

忘れているだけで私たちはいつも宇宙空間に生きている

まあるく美しい天体で生きている

 

この間イエス様は 木は地球を守護している存在、と教えてくれたね

地球を守る寡黙な戦士だ

秋が通り過ぎたら葉っぱを手放して冬の準備だね

ひたすらに受け身なのに、猛烈に強い木の波動…

 

ただ今日を迎えただけなのに

有難いことで一杯だ

有難くて有り難くて有り難い

 

本当だ、今日も私は生かされている

そしてそれは

素敵なことで一杯なんだなぁ( *´艸`)

 

皆様もどうぞ素晴らしい一日をお過ごしください

 

 

 

 

 



レッツの心

我が家には猫ちゃんが居てくれるのだけれど元々、レッツとゴーの2匹が居た。

私が28歳の時、知り合いの子供が捨てられているこの子らを見つけて

私のもとに来てくれた。

 

去年の5月にゴーちゃんが光に還って、残されたレッツが今私と共にいてくれる。

 

静かで優しい健気なレッツ

しかしここにきて、彼の夜鳴きが凄まじいことになっている。

 

どうしたものかといろいろ工夫をしてみたけれど、なかなかどういうことかが分からない

 

レッツに何度かゴーちゃんが居なくて寂しい?と聞いても、

わからないとか、寂しくないとか

あまりゴーちゃんのことを話すのが嫌な様で

なかなか踏み込んでは聴けずにきた

 

でも今日はレッツの天使さんに聴いてみた

そのレッツの言葉が切なくて…

 

”心にね、穴が開いてるの”

”寂しいのか よくわからないの、心に穴が開いてるの”

 

レッツは常にゴーちゃんの側にいて

ゴーが座りたいといえば、お気に入りの場所でもすぐに入れてあげて

ゴーが遊びたいと、けしかけたら付き合ってあげて

末期で苦しんでいる時もずっとそばにいてあげて

ゴーちゃんの魂が旅立った時も、その亡骸をクンクンしっかり確認して…

好き勝手にやっていたゴーちゃんをそっと、しっかり、いつも守っていた。

 

そのゴーが居なくなって初めの数か月は、母を支えるために側にいて

その後、私のもとに来てくれた

役目を果たしたかのようにみんなが落ち着いて、ようやく

レッツは自分の心の状態に違和感を見つけ

どうしたらいいのか?分からないでいる…

 

寂しくない、つまらないの

暇なの、面白くないの

そう表現するしかなくて、それはその通りの気持ちで

 

ゴーちゃんに私が困って

「レッツがうるさいので何とかしてください」と頼んでも

”ねえちゃん、レッツに優しくして!!”と強く言われるだけで

「優しくしてるよ」 と言っても

”もっと!!” と 冷たくあしらわれていたのは

こういう理由だったのだね…

 

ゴーは私を守るために生まれてきたと言った

お役目を全うし旅立った

レッツはゴーを守るために生まれてきたと言った

そのゴーちゃんがいなくなり、今 喪失感と向き合っている

 

イエス様は何度も

”好きなだけ鳴かせてあげなさい” と言った

”起きて側にいてあげなさい” と 愛を教えてくれていたのだね

 

神様どうかレッツの心を癒してください

レッツのぽっかりと開いた心を癒してください

レッツの心が癒されますように

レッツが癒されますように…

 

今日初めて そう祈れました。

 

 

 

 



魂のやりたがること 自我の抵抗すること

明日から「イエス様のマンツーマン教室」が始まります。

10日ほど前にHPにそっとアップしてみたら、あっという間に定員となり

今年の受付はもう締め切りとなりました。

 

自我は抵抗するのに、魂はやると決めていて、すっかり神様と実行に移そうとしている。

正直、面倒だし、手間がかかるし

一人と90分〜120分向き合って、エネルギーを受け取り、メッセージを伝え

その都度その人用の資料をこさえて

2週間おきに3ヶ月だなんて

私には無理だ。

 

でも、そんな私にイエス様は言う

 

《なぜあなたが気負う必要がある?

なぜあなたに、意見する権利がある?

行うのは私で、愛を贈るのも私だ

あなたは通過点に過ぎず 伝えること 

身体、心、あなたの差し出せるすべてを差し出しそこに居ればいい

あなたが私に頼んだのではないか?

どんなことでもさせてください、自分を使ってくださいと》

 

ううっ

そうなのだ

 

いちいち反応し、抵抗し、文句を抱き、先を考え、ぐずぐずと足踏みをし、自我は抵抗する

でも私の魂がそれをしたがる

いや、それに限らず、イエス様の指示ならばどんなことでもやらせてくださいと懇願する

何の見返りも、労いも、神からの評価さえ要らないと 願う

させてもらえる、それだけに喜びの笑みを浮かべて

やらせてください、と本質は叫ぶ

 

自我と魂とはこんなにも違うものか…と改めて思う

自我の嫌がる面倒なことは

魂の純粋な喜びで

アウターセルフの満たされる要素はほとんどない

それでも邁進するエネルギーが私に贈られてくる

いつの間にか明日を楽しみに待っている

 

また新しい世界に突入です。

イエス様と共にあなたを待っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ちなみに本年度の受付は終了しましたが

2019年2月からのご予約は受付けています。詳しくはHPをご覧ください。

土、日の対応は難しい状況ですのでご相談ください。

 

いつもありがとうございます。

感謝を込めて

 

 

 

 

 



calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座