やれやれ

ああ、疲れた。
パソコンが重いのか?
ルーターの問題なのか?
全然サクサク動かない。

普通10分もかからないことに、ど偉い時間がかかっている。

お盆は回線が混むのかな?
パソコンが古いのかな?

慣れない事を調べながら色々試してみたけど

なんか
途中だけど
今は
もういいや。

と、ようやく手を放した。

推し進めようとしていたから
疲れたのだなぁ

イエス様は、間近で
立ち止まりなさい
そして感じなさい
風がどの様に吹いているのか?

と、本当に真後ろで?
仰ってくれていたのに

つい
自分に言われているとは思えずに
2時間以上もムキになってパソコンに向かい
ああムカつく!だの
なんなのよ!だの
それこそ悪戦苦闘してしまった。

ああ、疲れた。

そう!
問題は外ではないのよね
問題は私の中なのよね
さあ、切り替えて
私を感じよう!





私のこと

昨日のイエス様の教室で初めて
イエス様からの言葉の中に
「おまえ」という言い方、言葉が届いた。
私は その「おまえ」という言葉に込められているエネルギーや思いを
皆さんにそのまま伝えることを、くっと躊躇してしまった。

そして夜、喉がとても苦しくて
夢の中でブルーを沢山見て
誰かが私に
「なんで青なんだ?」と聞いて来た。
そこで目が覚めた。

ブルーは意思
意思は表現される必要がある
青は言葉にする力を意味する

私は人を変えたいわけじゃない
ただ私が変わり続けていたい

私は人を神に仕えさせたいわけじゃない
ただ私が
神を愛し捧げ続けていたい

だから もっともっと超えていきたい
自分を超えていきたい

「おまえ」であろうが
どんなに辛辣な言葉の響きさえ
信頼して
地上に言葉を届けよう
私は神に従いたい
忠実に仕えていられる私でありたい

ストレスがかかり過ぎたのか
昨日は教室後、久しぶりに閃輝暗点(目の前がビガビガする脳の現象)に襲われました。
この繊細さも制限をつけず感じ続けていたいと願っています。





朝を迎えて

頑固な人
頑なな人
そして 自分を変えない人
どうしようもなく見ていて辛くなるのです。
その夜はなんとも悲しくて重たくてやるせない気持ちに耐えながら朝を迎えます。
目覚めると寂しさのような、悲しさのような涙がこぼれてきます。
頑固であると
頑なであると
あなたを変えられないと
あなたが神様から、また、離れて行ってしまうから
なんとも悲しい気持ちになるのです。

抗わないで
柔軟に
信じて

そんなことをあなたはイエス様から聞いたことはなかったですか?
愛ゆえに届けられた言葉です。

今日も神様を愛しています。それだけで十分です。



私はよく間違っている

大体いつも強気な私は
強い口調で言い切ってしまう
そして大抵の場合、私が間違っている
私の勘違いだったり、記憶違いだったり、酷い時にはそれが夢だったり

そんな時、決して夫はじょっぱらず
そうだったかなぁ?そうだっけ?と余白を残してくれる
時間が経って
はっ!と気づく
私の思い違いだ!と。
そして謝ることになる。

それを結婚してから何年も繰り返し、重ね重ね私は気づいていく

「私は大抵の場合 間違っている」

ようやく認め出し、受け入れ、変わっていった近頃の私は

「あ、でも私は勘違いしやすいから、 違うかも」と言える様になっていた。
なんと素晴らしい 我ながら(*´∀`)

そう、私は大抵間違っているのだ。
「私は正しい」という傲慢さを
改めて 戒めるのです。

完璧なのは神様なのです。
大天使ラギュエルに感謝します。






ミミ子さん

いつも使っている耳栓を机の上に置いて
朝の家事をして机に戻ったら

あら(。 >艸<)
可愛い子がいるではありませぬか!



可愛いいわぁ!と夫にラインしたら
その子は 「ミミ子さん」
だと教えてくれました。

夫のイタズラ書きにニッコリしました。
ありがとう

今日も楽しい一日をお過ごしください!



怒涛の3月でした

応援し続けた3月でした

 

どんな人も

スムーズに 順調に 進めるとは限りません

またスムーズが 良い とも限りません

立ち止まり 立ち尽くし 苦悶の末に

ある日

隠れていた自我の正体を見つける 

 

イエス様からの指導が入りますと

明確にすること 自分の”言葉”で表すことの訓練が続きます

ごまかしは効かなくなるのです

曖昧では進めなくなるのです

 

どこへ向かっている?

それは何の為だ?

と問われます

 

イエス様への愛 源への愛 神への愛なくしては

それ以上進めないと突き付けられます

 

良い気分にすることが目的ではないからです

良い人と思われることや 優れた人だと思われることを目的としては

本質へは辿りつけないのです

 

大切なものはひとつだけです。

魂の進化は 私には消去法のように思えます。

 

 

「あなたは神様を愛していますか?」

 

 

私にはそれがすべてのように感じるのです。

 

 

 

素晴らしい毎日をお過ごしくださいね

いつもありがとうございます。

 

 

 

 



祈り

スルスルとすり抜けていく 毎日が飛ぶように過ぎていきます

貧血がひどくて婦人科に通ったり

確定申告を済ませたり

次々とやってくる毎日のお仕事に取り組み

すべきことに精一杯向き合っていたら

いつのまにか届くエネルギー量がとても置きくなっていて

頭がガンガン、パンパンになりました。

痛み止めを飲んだり、何かの副作用かと心配したりもしましたが

ふと

原点に返ってみたら 

ああ、今のままでは受け皿が小さくてパンパンです 

気づいてみたらなんてことはない 

「基本的な」ことでした。

 

それに気づいてからは下位のチャクラへの瞑想を強化しましたら

スムーズに流れるようになりました

 

こんな些細なことなのになぜすぐに気づけなくなる程

私たちはすべきことに追われ思考で処理をしていくうちに基本的なことを見逃して

自分本来から離れていくのでしょう

内的世界の探求の為この世を肉体を持ち生きているのに

するりとすり替えが起こって目的をふと見間違えてしまう

 

忙しい毎日を乗り切ることや健康に生きることが目的になったり

誰かのニーズに応えることやミスなく一日を過ごすことがテーマになってしまったり

全ては魂の為なのに

どれだけ魂の為の選択をして今日という日を生きれているのだろう

 

感情的に飲まれてみたり

利己的なエゴに落ちてしまったり

神様を勝手に遠いところに置き去りにしてみたり…

 

いつも大切なことは基本的なこと

その基本を強化しながら応用していく

その応用は決してズルは通用しなく

ほんの少しの怠慢も神聖な清らかさには通用しない

 

どれだけ私たちは自堕落なのだろう

どれだけ自分の都合のいいようにこの世界を生きているのだろう

 

連日のイエス様からの愛のこもった嘆き、導きを伝えながら

 

私はどうやってこの愛に応えられるのだろう

どのように神をほんの少しでも愛することが出来るのだろう

せめて私だけでも私の全てで神のものとして捧げられたらいいのに

私を捧げられたらいいのに

私の全てを捧げられたらいいのに 

そう身も心も震えています

 

どうかこの祈りが真実となりますように

 

 

 

 

 

 



プレゼント

去年の末、今年は楽をさせてもらおうと思い
おせちをネットで頼んだ。

ニュースにもなった、あの、博多のおせち
1286件のまさにその一件分が我が家だった。
あは!

配送業者さんの温度設定ミスにより
商品を回収した為
大変申し訳ありませんが、おせちをお届けすることが出来なくなりました。
と、到着予定日の前日にメールが来た。

その後電話を頂き
全額返金は勿論のこと
お詫びとして、注文と同額分の現金をお送りします。

という内容だった。

こちらとしては
なんとも珍しい展開が面白いね、と
夫婦で笑い
私はすぐに
ああ、私が
今年はお金で解決してもらおうとお正月を迎えるにあたってその様な心持ちだったから
やはり、外側の世界でも
「お金で解決させてください」
と、こういう事になったのだなぁと
反省した。

当日はというと
いつもとは違うお正月料理を食べられて
私も家族も新鮮な楽しさや喜びをもらった。

イエス様がよく教えてくれる
"すべてはプロセス、結果ではない"
気づきにはその先があり
さらに気づき
どんどん気づき、広がっていく
だから
"ひとつの気づきで終わりにしてはならない" その様な教えがある。

まさしく
今日それが起こった。

ピンポーンと呼び出し音
そのおせち屋さんから、更なるお詫びの品と、その一件についての詳細、改善点などの報告が届いた。

立派な高菜のお漬物が三種類入っていた。

その丁寧な気持ちは
ああ、ここの会社はより良く進化していくのだなぁと感じさせた
そして 有難いなぁ とも。

失敗を恐れないこと
一時の痛い思いは、より良い幸せへの梯子になる
すべてはプロセス
自分が終わりにしなければ、どんどん広がっていく

物、お金、だけではない気づきのプレゼントをいくつも頂けました。

皆さんも更なる気づきを得てくださいね


さあ、午後からの天使の教室も楽しみです!





超えていく

我ながら、なかなかの適応力な様で
馬車馬の如く働くことにも、どうやら適応したようで
自分の受け皿が大きくなると
見えてくるもの、感じる幅がやはり広がるようで
つくづく
自分は自分に甘いなぁと思えるようになった。

振り返ると走り抜けていて、立ち止まってみると、もう平気になっていて
実はもっと
やれる、訳で。

だから天使さんはいつも
大丈夫、大丈夫、やれるよ。
大丈夫、大丈夫、自分を信じて。
と、ニッコリする訳ですなぁ

怖がっていたいのですね、とか
迷っていたいのですね、とか
どなたかに届くメッセージ
私の場合は、
弱音を吐いていたいのですね、となるようだ。

今となってみれば
あの抵抗は一体なんだったのだ?と思うことばかり
無駄な抵抗はいい加減にやめなさい!と自分に教えてやらなくては

自分を知るのは面白いこと、楽しいでしょ?と天使は微笑む
そうですねぇと頷きながら
知った以上は
今後はどうするのか?を意識させられる

私はもっともっと変わりたい
神様の真正面に立って

神様に愛を伝えたい


どうやら心の一区切りはついたようだ。




甘い

第2期目のマンツーマン教室が始まっています。
今期の皆さんも、なんだかとても興味深い。
愉快な、奥深い、徹底して…
多々感じさせてくれる中
よく用いられる言葉がある。
ひとつは

"楽しむのだよ
面白がって
自分を知ることを"


もうひとつは

"甘い 甘い 甘い!"

と。

教室を行う度に
自分を振り返っています。

言葉を生きているのか?
教えを生きているのか?

私の甘さを捕まえよう
見逃してる場合じゃないのだ。


今日も素晴らしい一日をお過ごしください




calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座