進もう

歩いたら 休もう

休んだら また歩き出そう

それを繰り返したら

それは
進んでいるってこと



継続中

同時進行なのです
継続中
続行しています

自我は違います

1つ1つを片付けたい
1つ1つ、わかっていきたい

心は違うのです

続いていて
すべてが可能で
感じ続けています

終わりかと思ったらまだ、もっと、まだまだ続いていて
どこまでも広がって
ちっとも1つ1つではないのです

1つ1つちゃんとわかりたい自我は
混乱している自分が怖くて
気をそらすように、感じないように
あなたを思案する世界に連れて行こうとします

あなたが今取り組んでいるのは
もう
そこではないのです

継続中
続行したまま
流れ続けています

わからないから
進むのです
感じることだけを頼りに

心は広い
あなたが思っているよりずっと
ずっと深い
だからこそ怖い
そして
尊い






置かれたのです

そこで
楽しめないのは
誰かのせい?

そこで楽しめないのは
周りのせい?

そこじゃない
どこかだったら
と思うのは

神様が
間違って
この人たちと一緒にいるようにしてしまったから?

宇宙は完璧なのです

なのに
ここに置かれたのは
たまたま
そこで
楽しめないのは
いまひとつなのは
不愉快なのは…

あなたの内側が
結果として外側に映し出されます
状況
状態
関係
バランス

あなたは今日も生きています
神の庇護のもと生かされています
あなたへの愛が
そこに置いてくださったのです

導きなのか
戒めなのか
警告なのか
救いなのか

感じないと
何も見えない
感じることでしか
愛には応えられない
受け取れないのです






そのままを受け入れる、と

夫は勿論、素晴らしい部分も沢山ある。
見習いたいなぁと思う点や、ああ、こんな風に優しくなりたいなぁと感じさせてくれたりする

でもね、

毎年毎年信じられないくらい
手袋を無くす
一冬、二双は必ず無くす

去年までの私はこうだ

ああ!もう!なんでそんなに無くせるの?!
今まで何足無くした?!
両方の手袋に毛糸を付けて首から下げときなさい!
子供か?!

「今年こそは、無くさないでよー!」
と。

でも、今年 ふと気づいた。

ああ、私はありのままの夫を受け入れず
こうあって欲しい(手袋を無くさない、普通の大人であって欲しい)
を押し付けて受け入れてこなかったのだなぁ

手袋を毎年無くしてしまうのが、その人なのならば…

そうか。

今年はこう言えたのだ。
「ねぇ、ちいちゃん
今年はさ、手袋二双買っておこうよ」

すると、初めて夫は

「ああー、この辺が(胸をさすりながら)モヤモヤするー!」と、
ようやく自分を感じてくれました。

さあ、今年は何足買い足すことになるのでしょうか?

受け入れる→感じる→自分(こうあって欲しい私)を捨てる→内側が変わると外側(言葉)が変わる

こんな感じです。





秘訣

秘訣
感じる為には 待つのだよ
感じるを育むのは 待てる力だよ
待つのだよ

正しいのか 正しくないのか
ではないよ
自分がどう感じるのか?

そう感じている自分を捨てる為に
感じるのだよ

結論を出したがるのは頭
心に従うのに、急いでは見えてこないよ
正解を欲しがるのは頭
こうじゃなかったのだなぁ を見つけて 脱ぎ捨てて行くのが心

急いだら負け

「混ぜるな危険!」と書いてある洗剤の様に
覚えておいて

「焦るな危険!」だよ

この世に肉体を持ちながら
あなたは内的世界を大切に生きると決めた
それは目には見えない
ハッキリとは掴めない
心に従う
心で感じる

それはそう簡単にはいかないね。
でも 諦めらいで
粘り強くあって

焦るな危険、ですぞ

みなさん、頑張ってくださーい!
応援しています。



自分と神様どっち?

出来る自分を育てるの?
出来ない自分を反省するの?

いいえ、どちらでもないし、どちらでもいい

立派な自分を大きくするの?
情けない自分を改革するの?

いいえ、どちらも放って置きなさい

出来たら喜ぶの?
出来ないから落ち込むの?

ねえねえ 気付いて

いい自分を育てるの?
ダメな自分を良くするの?

どの自分もそっと横に置いて
どの自分も捨てていくのですよ

自分を捨てて
神に近づくのですよ
自分を失くして
愛に飲み込まれていくのですよ

自分が出来るとか出来ないとか
自分が分かったとか分からないとか
自分が納得したとか、していないとか
自分の考え
自分の手柄
自分の思い
自分の成果
自分、自分、自分

自分を残して愛になれる?
自分を捨てて神を望むのではなかったの?
あなたはどこにいる
何を苦しんでいる
自分の何を見て苦しんでいるの?
悩むの?
捨てるのではなかったの?

あなたと神様どっち?




怒りは原動力になる

怒りを感じることを恐れて
感じているのにやり過ごす人が多い
私もどちらかといえばそのタイプだ

かき消しても忘れようとしても
湧き上がってくる感情の時は要注意だ
もったいない
もったいない

それが怒りや悔しさ、いら立ちという
一見ネガティブな感情であっても
本質からのメッセージだったりする
怒りを抱くきっかけをくれた相手にそれをぶつけるのではなく
怒りをそのまま感じていく

何にこんなに私は怒りを感じている?
どこ?どの部分?何に対して?

感じていく
感じていく

すると正体が出てくる
私の場合は大抵が
神様に関しての事だ

神の中にいるのに
神はいるのか?いないのか?などと
ふざけたことを言うな!
おまえはアホか!ってね。

これを私の頭はさも理性的に穏やかに
ただ、鎮めようとする。
それでも
湧いてくる感情ならば
それはきっと大切なこと
味わう必要がある

怒りは気づきをくれる
自分は何を最も大切としているのか?
通りすぎる事が出来ない程、自分にとって大切な事を教えてくれたりする
そして大抵それは
愛に関係している。

怒りは感じてあげると変化する
辿り着けたその場所は
きっと愛が必要な場所

怒りは原動力になる
感情は進化を促してくれる

時に怒りは
自分の大切なものを明確にする

道が呼ぶことがある

感情とはそれ程
神聖なものにもなり得る。




人から愛されるには理由がある

私の周りには
人から、それも多くの人に
愛されているなぁと思える存在が何人もいる
また、ああ、この人、人から愛されていてもわからないのだろうなぁ
人が去っていってしまうのだろうなぁ
と思う人と出会うこともある

そんな事を感じていたら
人から愛される人の共通点を挙げてみようと思った

その人達は
ユーモアがある
明るさがある
思い出す顔は笑顔
素直
開いている

裏表がない
誰といても変わらない

そして決定的なのは

人に求めていない
これだと思った。

自分を認めて、と人に求めていない
自分をわかって、と人に求めていない
私を大事にして、と人に求めていない
私を好きになって、と人に求めていない
私を褒めて!凄いと思って、と人に求めていない

その人達は、人を想うのに
人に求めていないのだよ。

自分で自分を知っていて、知ろうとしていて
自分の機嫌は自分でとって、
自分の信じた道を生きている

そんな人の周りにはいつも
その人を愛している人が集まって
支えている、守っている、信じている
欲しがっていないのに、なぜかますます愛されていく

愛が欲しいと、欲しがっている人は反対に人が離れていくのにね。


勿論私も人には何にも望んでいない
何にもいらない
何も欲していない
のに、沢山の贈り物を頂いたりする
不思議だね

私は
人の期待になんて 応えない 応えたくもない ふふふ裏切り続けていたい?
いいえ、きっとそこになんの興味も価値も置いていないのだと思う

向き合うのなら真正面から
体当たりで全力で
偽善のすべてを脱ぎ捨てられます様に
そちらを大切にしているのだと思う

愛されたいのなら
人に求めない

これ、鉄則じゃないかしら?
ね、神様 
全てはあなたの愛なのだから
全てはあなたから届くのだから
それだけで十分
有り余る
ありがとう



自由

もっと身軽になろう
もっと自由になろう

自由になるとは

自由に感じるということ

自由に どこかへ行くとか
自由に 何かをするのではないよ

次々と届けられるすべてを受け取って
自由に感じていい!ということ

あるがままの
ありのままの
そのままのあなた自身を


だって
すべては内側で始まるのだから




しようとしない ですぞ

痛いと治そうとする

早く痛くないようになろうとするし

痛くない頃に戻ろうとする

 

でも、天界の教えは「しようとしない」だ。

 

これを当てはめるとどうなる?

痛みを、痛いなあ 

どんだけ痛いのだ?

ああ、こんなにも痛いのだな…

と感じる。

 

早く治すには!!と、気合を入れて

あれやこれやをするのではなく

そのままの、ありのままの状態を感じ続ける。

 

すると いつしか見えてくる。

 

これが受け入れるということ

抵抗しないということ

 

抗ってはいませんか?大丈夫ですか?

 

分かろうとする

知ろうとする

はっきりさせようとする

 

辛いと、楽になろうとする

苦しいと、越えようとする

しんどいと、逃げようとする

 

しようとしない です。

 

ありのままを感じる

ただ「感じ」続ける

 

ありのままの自分から逃げない。

 

大丈夫ですか?

教えを捻じ曲げないでくださいね。

 

ファイトー!!で〜す。

 

 

 

 

 



calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座