ぼ〜っとしてね

暑い日が続いていますね みなさま、お元気でしょうか?

 

この7月の転換期 

様々な変革を体験されていることと思います。

 

頑張りすぎないでください

全てをスムーズにいかせようと、ムキにならないでください

なるようになります

 

必死の努力をしているときは、本人には分からないものです

常にそのことを思い続け、いつの間にか外側の出来事に飲まれてしまう

飲み込まれているから努力しているのか?前進しているのか?自分の考えなのか?本意なのか?

どんどん分からなく飲み込まれていきます

 

一息入れて、距離を置き

改めて現状を見つめ直す!

 

そもそもそんなに私はそのことに関して熱を入れて参加する必要があったのか?

 

最も大切なことは普遍的なものです

最も大切なことが「すり替わっていないか?」注意してくださいね

 

自分をないがしろにした「ツケ」の大きさに気づく頃

そのダメージは相当なものになっていますね

病気になっていたり、感じなくなっていたり、やる気のやの字も出てこなくなったり

自分の存在意義が何かや誰かで占められていたり…

 

そんな時は、ただぼ〜っとして

とにかくぼ〜っとして

虚無感や喪失感を味わえるまで何もせずぼ〜っとして

空っぽになるまでぼ〜っとして(笑)

大事なあなたにどうか、辿り着いてくださいね

 

どの人も分け隔てなく神様から愛されています

その愛を、あなたがしっかり受け取り幸せで 涙できますように

 

 

 



外側の経験が小さくて済むように

水害被害の大きさに心を痛めています。

自然に対する畏怖、畏敬の念を決して忘れてはいけませんね。

私たちの小ささを強く強く感じさせてくれています。

共存、土地への感謝、大地を敬い、謙虚でありたいです。

 

タイの少年たちの救出は本当に嬉しく大切なことを

こちらも見せてくれていると有難く感じます。

平安、静けさ、労わり、慈悲、信頼、調和

 

私たちが毎日生き過ごせている時間、地球上で多くの人たち、生き物、生命が生き続けて

様々な今を送っているのですよね。

つい自分だけの小さな世界に注目しがちですが、我々は大宇宙の小さな小さな一部分にすぎない

互いに絡み合って、見えないエネルギーで繋がりあって、支えあって

それぞれのカルマを浄化している。

 

その地点では見えてこない無数の意味が、実は確実にその背景に宿っている

自分の都合を重んじているうちは見えない因果、関係、計らい、愛が完璧に行われている

アウターセルフの価値ばかりで人生を見つめると切なく、悲しく、情けなくなることも

インナーセルフ、魂、本質、生かされている意味を重んじて見つめることが出来たら

すべてに完全な愛が宿り

すべてが贈り物で

因果の解消、魂の浄化、自己成長へと繋がっているのだと思います。

 

突然の変化に弱い我々人間だけれども

変化を受け入れ、信頼し、より身軽に最も大切なことを重んじ進化していけますように

 

甚大な被害に遭われた方は、私たちの代わりに

この日本の浄化を痛みと共に引き受けてくださったのかもしれません。

その時が来たら私たちも、この世に、貢献させていただきます。

 

外側の経験を通して「革新」していく必要のある時

宇宙は惜しみなくそのエネルギーを届けてくれる。

それは強烈で、衝撃的なこと

痛みや喪失、無力感を伴い強制的に変化を促されるような感覚。

 

でも、もし、

内側の世界でその「革新」を得ることが出来るまで

私たちが進化したなら

外側に届く出来事は

ごく小さく、少なく、柔らかく、優しいもので済む

 

私たちは多くの経験を都合よく欲しがるけれど

経験を必要としない域に行けたなら

「あなたのこの世」はスムーズに、完璧に移り変わっていく

 

感じてください 

感じることを放棄しないでください 

”感じなさい”

 

イエス様や天使が切に切に言ってくださる理由は

外側に届ける痛みが少なく済むように…という

親心の様な優しさなのだと思います。

 

 

 

 

 

 



違い

頭の固い人に、頭が少し固いですね と告げたらどう反応するでしょう?

そうですか?

とか、

どこがですか?

など、表情を硬くして身構えます。

 

頭の柔らかい人に、頭が少し固いですね と同じ言葉を告げたらどう反応するでしょう?

ああ、そうかもしれません

今、柔軟じゃなくなってるかも…

と、自分を見つめます。

 

違いが分かるでしょうか?

 

力が入りやすく、緊張しやすい方に

もう少し力を抜いても大丈夫ですよ 

そう告げたらどう反応するでしょう?

力、入ってますか?

とか、だいぶ力は抜けたと思うのですけど

大体このような返答です。

 

自然体で、緩めるのが得意な方に

もう少し力を抜いても大丈夫ですよ

同じ言葉を告げたらどう反応するでしょう?

そうですよね、もっとリラックスですよね

ああ、少しお休みが足りなかったかもしれません

大体このような返答です。

 

人に合わせすぎて自分をないがしろにしている方に

もっと自分を大切にしましょう

そう告げると、どんな反応が返ってくるでしょう?

結構、好きなことさせてもらってるんですけどね

とか、

我慢しなくていいのですか?

そのような反応です。

 

自分を大切にしている人に

もっと自分を大切にしましょう

そう告げるとどう反応するでしょう?

はい!大事にします

わかりました!もっとですよね!!

このような反応です。

 

さあ、気づきましたか?

 

どの人にもあります。

素直に受け入れられる部分と、抵抗してしまう部分

天使やイエス様にガイダンスをもらい、心や頭が抵抗した部分はどこでしたか?

抵抗は悪いことではありません。

自分を知るヒントです。変えていけるポイントですが、少し怖いのです。

何を怖がっているの?

寄り添い自分に聴いてあげてください。見えてきますよ。きっと見えてきます。

 

 

天使のガイダンスを伝えて感じることは

人間の我々が思う以上に、もっともっともっともっと…!!

なのだと思います。

まだ駄目まだ駄目まだ駄目、というダメ出しではなく

もっともっともっともっと…

変わっていけるよ 

エールなのだと思います。

 

 

 

 

 



死を遠くにしない

今日は大阪地方で大きな地震がありました。

どんなに守られていると信じていても怖かったでしょうね

ご家族、ご親戚で被害にあわれた方もいらっしゃいますね

余震も出ているのでしょうか、心配ですね

安全に健やかでありますように 心からお祈りいたします。

 

この世で大きな事が起こるたびに

私たちは神様を急に引っ張り出し

泣いたり叫んだり祈ったりして急にしがみ付きますね

聖書を読んでいても本当に本当に長い歴史の中ずっと繰り返しています

 

どうしてこんなにも直ぐに私たちは忘れてしまうのでしょうね

生かされてること守られていること

また、どうして間違っていくのでしょうね

今まで生かされてきたことへの有り難さをすっ飛ばして

これからも生かしてくれるって言ったじゃない!!

これからも守ってくれるんじゃなかったの!!と

都合のいいように解釈して

 

思い通りにならないと悲しみ

思い通りにいくと喜び

欲という地獄へ堕ちていきますね

自分の小ささ、非力さを忘れずにいられれば

ああ、時が来ましたか

”今まで” 神様ありがとう

”今までずっと” ありがとう

 

死を忘れ(まだ死なないと思い込み) 今を軽んじてしまうより

死を近くに置くことで 今日を尊んで生きられる

密教においての考え方も素敵に思います

 

でも私たちは当たり前の奇跡に溺れ、幸せ過ぎて見失ってしまう

愛って何?と忘れてしまう

 

特別なことがない日常は、やはり

最高の愛をくださっているのだと思います。

神様に感謝します

ありがとうございます。

 

 

 



物に頼らない

物に頼らない

その教えの流れで、資料に頼らない

も、今は大切にしている

 

誰かに沢山の思いが溢れてくるとき、今までの私はつい

何かプレゼントしたくて、物を探しに行ったりしていた

思いついたものを買いに行って、贈りたくて

でも天使に教わり

“物に頼らない” を実践中だ

 

教室の内容を事前にチャネリングして資料にするのだけど

以前の私はやはりどこか気合が入って

せっかく来てくださるのだから、家に帰った時に何を学んだのだったかな?と

思い出せるような”資料”にしたく思っていた

でも、文章を打ち込んでいき、必要なことだけを残してくださいと頼むと

ほぼ4割はカットされる

 

”補足ではなく、余白を入れる” と。

”満杯に埋めるのではなく、スペースを残すのだ” と。

そしてその余白は、その人の自由な感情やエネルギーを宿せる場所なのだ と。

 

資料に頼らないで より軽やかなものへ進化することを願っています

 

”物に頼らない” の教えを掘っていくと

私は最高のものを届けてはいなかったのではないかな?という思いに辿りついた

私が贈っていたのは、今の自分が出来る最高ではなく

値段を計算してみたり、相手の負担を考えてみたり、バランスや関係性を考えてみたり…

結果、取引のようなエネルギーになっていた。 

 

”贈り物はあなたにとっての最高のものを!”

 

あなたにとっての最高のものは? と問われると

 

私の最高は 信仰心です

神様を愛する素晴らしさです

それを届けられれば、何より最高に幸せです!

 

 

 

 

 

 

 



愚かさを知れる祝福

自分の弱さを知っている人は、強い

それと似たようなことで

自分の愚かさを知っている人は、清められ

自分の無力さを知っている人は、謙虚さを知る

と、思うのです。

 

自分を振り返ってみても

自分の弱さを知らないうちは、完璧主義に陥り強がってばかり

自分の弱さを認められないのです

自分の愚かさに気づけないうちは、正しさを振りかざし人を責め

自分の無様な行いに気が付けないのです

自分の無力さに気づけないうちは、強欲で横柄でした

いったい誰と比べて力があると思い込もうとしていたのでしょうね

 

それらを経て気が付いたこと

人(人間)と比べているうちは 

力があると錯覚できるのかもしれません

 

でも、自分を神様の前に置いてみたら

状況は一変します

 

どんな時も、神様の前に自分を置いてみたら

朝が来るのはなぜ?呼吸が出来るのはなぜ?今日も食べ物があるのはなぜ?

家族が居てくれるのはなぜ?元気に働けるのはなぜ?考えたり感じたり学べるのはなぜ?…

どの瞬間も自分を神様の前に置いてみたら

自分がどんなに、弱く小さなものかに気づけます

自分の愚かしい行いや思いが過去にどれほどあったか、心の中や頭の中まで神様はお見通しです

神様の前、自然の前では、人間の自分の非力さを身をもって知っています

 

教室や講座を行う中で思うことは

真面目に正しく頑張って生きてきた方たちが「行き詰ってしまう」点が共通していることです

愚かなことはしていない、間違ってはいないはず、自分は正しいのだ、と…

そんなあなたに天使は投げかけます

”愛は正しさをこえる”と

それは”愛の様なもの”ではないですか?と

するとあなたはそんなことは「分からない」と閉じてしまうのです

 

あなたは誰と比べて、自分の優位性を保とうとしているのですか?

誰と比べて正当性にしがみ付いているのですか?

天使や神様は知っています

正直に向き合いなさいと促します

 

神様と自分を比べてごらんなさい、と

 

生きてきたすべての人に愚かさがあり

それに気づけた先の喜びと祝福を味わっていないから、怖がり見ようとしないだけなのだと思います

 

現に私はある日突然に気づきました

雷に打たれたように強烈に、今までの私の人生においての

非道さ、愚かさ、罪深さ、狡猾さ、まさに醜さを知れました。

今すぐ私を殺してください!この世で最も汚れた愚かな人間は私でした!!

そう悟った時

雪崩のように何かが崩れ落ち、部屋中に響き渡る大声で泣き

許してください!!許してください!!と叫びました

自分の愚かさを走馬灯のように見せられ、分かったのです

こんなに汚く愚かな「私」に気づけないまま、私は長いこと生きてきた

その悲しいほど愚かな私を

神様は何十年も守り、許し、愛し、待っていてくださった…

愛とはこのようなものなのだ

今までの私の全てが、自分に都合の良い「愛の様なものだった」と。

 

浄化していくことが最も愛を増やす方法だと教わっています

汚れに気づけたら、それは幸いです、とても大きな祝福です

 

自分を見つめるのは酷な行為ですが、非常に大切で基本的な行いに思います

あなたの気付きが今日も訪れますように

 

 

 

 

 



嫌な事こそ

私は家事の中で食器洗いが嫌いです。

だからつい、グダグダとして

「ああ、ばあや(お手伝いさんの様な存在)がいてくれたらな〜」とか

夫に「お布団敷くのと食器洗うのどっちがいい?」なんて聞いてみたりして

先延ばし先延ばしにして腰が上がらない。

 

そんな時天使さんは言うんだ。

”ゆっくりでいいんだよ ゆっくりやってごらん” って。

 

しぶしぶ立ち上がり、ゴム手袋を履き

は〜い、ゆっくりですね と意識して

ゆっくり、ゆっくり洗い出す スピードを上げようとする私を意識してゆっくり洗う

すると、そうか、私はせっかちなんだな

早く片付けて、やらなきゃいけないと決めつけていたそれらから逃れたくて

「急いで」やってしまおう、と力むから、やりたくないよ〜と出てくるのか…と

ゆっくり洗っているうちに浄化されていきます。

 

自分にとって嫌なこと、面倒なこと、大変そうだな〜と後回しにしそうなことは

特に

さて、ゆっくりやりますか、と明け渡すと

意外に難なく気持ちよく行える

 

歩きたくないな〜と思うほど疲れた時も

”ゆっくりでいいんだよ” ”ゆっくり歩いてごらん” そう言われると

やっぱり私は早く家に着きたくて、ただ急いでいたんだな〜とか

目的地に着く(しようとする)ことだけが大切になって

歩いている「今」から抜け出ていたんだな、と気が付ける。

 

やってしまおう!と頭ごなしに【作業】で終わらせてしまうより

ゆっくりと行い【感じる】ことで気づきのヒントをくれている

 

”嫌なことこそ ゆっくりと”

 

天使さんいつもありがとう

みなさまいつもありがとう

 

 

 

 

 



空けておく

期待を無くす、予測をしない
これを元に計画しない生き方を実践するようになって、何年か経ちます。
今は大分慣れて昔の私とちがうなぁと実感出来るほど。。。

今日も夫のお休みが急遽決まって
テレビの県民ショーでやっていた
小樽のあんかけ焼きそばを食べに行きましょうか☆と思い立ちました。
なかなかのお味のお店
地元の人でなんとも暖かな雰囲気
その後、前々から気になっていた喫茶コロンビアがなんと目の前!
マロンケーキと、チョコレートパフェが最高でした。

さて、帰りましょうか?とコンビニに立ち寄り
あれ?お隣、似鳥美術館だわ
思いがけず
見応えのある展示、ステンドグラス、アール・ヌーヴォー

何にも期待してない今日だったのに
思いがけず、こんなに豊かな時間を神様に頂きました。
海が綺麗で、心地よい温度で、すべて美味しく、美しく
いつのまにか…
あんなに必要としていた"自然"は
心癒された私には薄味になり
生きて生きて生き抜いた"人間"が生み出した芸術が
ジーンと染みる私へと切り替わっていました。

対象物を通して、今の自分を感じることも
素敵なことだなぁと有り難く思えました。

空けておくと許されたその最適な時に
神様はすっぽりと最高な時間を埋めてくれるのですね。
感謝します。



黄色のミカエルが新鮮に感じました。
ありがとうございます。



疲れ、自由、癒し

熱中しすぎて我を忘れて見えなくなって

いつの間にか自分のものではない熱にのまれていくと

疲れた…

となっていることがある。

 

昨日のクラスでも再度

「疲れは、あなたへの大切なメッセージです」と教わりました。

心の疲れ、精神の疲れ、肉体の疲れ、魂の疲れ

魂のために生きているはずなのに、いつの間にかこの世の忙しさに飲まれていって

あれ?

何のための全てなのだろう?と。

魂が疲れると、生きていたくないと感じてしまいます。

 

心が疲れると鈍化し感じにくくなります

精神が疲れると過敏になりイライラします

肉体が疲れるのは最終警告

疲れ果てた私を無視していると魂が枯渇しへとへとに弱ってしまいますね

 

心の自由のことも色々なクラスで告げられるほどやはりとても大切な事

外側でやりたいことをどんどんやったとしても

心のどこかに罪悪感や申し訳なさや、こんなことやっていていいのだろうか?と

自分への疑いがあるのでは

どんなにしたいことをさせてもらっている自由を受け取っていたとしても

どこか不自由で窮屈で申し訳なくて。

 

だからまずは心に許可をあげること

内側の世界で自由を与えてあげること

そしてその一番は

どんな風に感じてもいいんだよと

「感じる自由」を与えること

 

こう思ってはいけない、そんな風に感じてはいけない、ネガティブな気持ちやいわゆる闇の気持ち

怒り、嫉妬、羨望、憎しみ、罪悪感、深刻さ、憂鬱…

どんな風に感じたとしてもそれを責めず、追い込まず、厳しくせず、

ああ、今の私はこんな寂しさを感じているのだな〜、とか

またしても、イラッと怒りが湧いたぞ、とか

羨ましいな〜とじっとりした気持ちを抱いたな〜、とか…

どんな醜く残念で嫌な気持ちも、自由に感じさせてあげること

感じ方にまで制限や正しさを押し付けてルールに縛られないこと

心の自由とはそういう意味合いもとても強いのです。

 

感じたことを自由に受け入れてもらったあなたの心は解放されていきます

わかってくれる人が居る(自分自身)

その気持ちはどうして抱いたのだと思う?何を怖がっているのだろうね、

何を我慢しすぎただろう?本当の気持ちはどんなかな?

とちょっと離れた観察者のあなたが優しく親切に歩み寄ってあげる

頭ごなしにそう思っちゃダメ、そんな風に感じるなんて情けない、と自分を毛嫌いして蓋をするのではなく

親切で理解してくれる友人のように接してあげる

 

汚れを無かったものにして覆い隠すのではなく

汚れを受け入れるから変わっていけます

それは「理解、癒し、解放」のプロセスです。

もう多くの方が「自分を愛で育む段階」へとステージを上げていますね。

律して厳しくはもう古いのかもしれません

素直に正直に心の自由と向き合うことで

より多くの解放、いらなくなった感情エネルギーを捨てられると思います。

 

疲れたら休む

この勇気も大切なことですね。

 

今日も素晴らしい一日でありますように!!

いつもありがとうございます。

 

 

 



隅々の捨てるもの

”期待に応えない

期待に応えたいを捨てる 

役に立てない

役に立ちたいを捨てる

良く思われない

良く思われたいを捨てる

 

相手のニーズに合わせた好ましい存在になることを捨てる

誰かの要望に沿った存在になろうとすることを捨てる

スキのない人間であることを捨てる

非がない状態であろうとすることを捨てる

 

ただ自分に宿った愛だけであればいい

ただ自分に備わった愛を表現すればいい

 

誰かの為に 何かの為に その奥に保身はないの?

誰かの役に 何かの役に その奥に欲望はない?


純粋な自分の思いを正直に見つめなさい

その不純な動機と正直に向き合いなさい

そしてどんどん捨てていきなさい

いらない もういらない もう自分を守ることをやめられる

そうやって手放していきなさい

無防備で正直なあなたを守る役目は 我々天使、神々にあるのですから”

 

というようなエネルギーに終始見守られ(見つめられ)

私の汚れや保身に焦点を当てて浄化しましょうと戒められています。

6月 一年の折り返しに近付いていく

”何を大切にするのか 今いる地点を明確に知り どこへ矢印を向けたのか?確認をして微調整しましょう”

 

〜あなたがたの信じたとおりになりなさい〜(マタイ9:29)

聖書でも言われている通り、私たちは 自分の信じた通りにしか生きられない

自分が何を信頼し何に強くエネルギーを注いでいるのかをちゃんと知りながら

自分の未来を手繰り寄せていきましょう

 

”あなたに光のシャワーがいつも降り注いでいます” 忘れないでいたいですね。


いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 



calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座