<< 聖なるものを | main | いつもとは違うしるし >>

天に助けを求める

どうか助けてください
力を貸してください

と言えない人がどうしてこんなにも多いのだろう?

頑張れば何でもできると思ってのことだろうか?

出来ることは何でも一人でするべきという考え方からだろうか?
人生は次々と新しいことがやって来て

少しずつステップアップしていけるようになっている。
その時に怖く思うのは当然のこと
つい、よし!と力んでしまう気持ちも分かる
でも私は経験上知っている。
天空の城ラピュタ のパズーの様に、「よーし!」と張り切った次の瞬間
ドスンと気絶させられることを
我々の世界で言えば、「失速してしまう」という感じかな

それはどうしてか?
自分に頼って よーし!と気合を入れて「頑張ろう」とすると
気づかないうちに気負いが入って、心を感じることよりも

成果や、やり甲斐や、結果が大切だと見誤っていくから。

あんなに神様に何度も「しようとしない」と教わって来たのに

気づけば、やり遂げよう 頑張ろう 集中しよう…と○○しようと意識が切り替わってしまう

すると大切なことをどんどん見逃してしまう(自我に支配されてしまう)

少し高い壁に思える出来事や課題が人生に訪れた時は
よーし!と張り切るのもひとつの方法だけれど
私が編み出した最良の方法は

気負わずに行えるように 気負いに私が乗っ取られないように

自我に本質を支配されないように


神様、天使さん 私一人ではできません。(きっと無理です、出来たとしても偏ります…)
どうか力を貸してください 

全体にとって最高最善となりますよう
助けてください 導いてください 育んでください
私を好きにお使いください…


と天使や神様に協力応援を心から求めお祈りする。

そしたらいつでも

「一緒に行い私を動かしてくれている」と私は無垢に信頼するので

どんな時でも、

《大丈夫大丈夫 力を抜いて

あなたはただ、感じたままに動き、今に専念してください!》

そんな風いつも助けてもらっている。

だからどこにも「私の成果」などひとつもないし
私が褒められたところで、その煌きは続かないことを知っている。
手柄も成果もそもそも私のものではないから、私が気負う必要もない。

周りを見ていて思うのです。

天使に助けを求めたのかなぁ?って

神様にどうして依頼しないのだろう…?って

助けてもらえばいいのに 落ち着かせてもらえばいいのに 導いてもらえばいいのに

と思ってしまいます。

みんな自由なのだけどね。

ただし、自分の都合のいいようにはサポートは入らないので安心してください。

あなたの魂が最も成長できる効果的なサポートをくださいます

自分の心に触れて、本質へと帰ること 

それが第一の魂の目的ですから

天使たちは

ただ物事がスムーズに進み、自我を満足させるようなことはありません。

立ち止まる必要がある時には、宇宙は愛を込めて

全力でストップをかけてくれますから、どうぞ立ち止まり感じてくださいね。

※あなたの「自我」を満足させることをサポートするような

低次元の存在とは取引しない方が良いですよ。

どうぞ

気をつけなはれや!!(笑)




calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座