<< 小さな奇跡 | main | 自分と神様どっち? >>

怒りは原動力になる

怒りを感じることを恐れて
感じているのにやり過ごす人が多い
私もどちらかといえばそのタイプだ

かき消しても忘れようとしても
湧き上がってくる感情の時は要注意だ
もったいない
もったいない

それが怒りや悔しさ、いら立ちという
一見ネガティブな感情であっても
本質からのメッセージだったりする
怒りを抱くきっかけをくれた相手にそれをぶつけるのではなく
怒りをそのまま感じていく

何にこんなに私は怒りを感じている?
どこ?どの部分?何に対して?

感じていく
感じていく

すると正体が出てくる
私の場合は大抵が
神様に関しての事だ

神の中にいるのに
神はいるのか?いないのか?などと
ふざけたことを言うな!
おまえはアホか!ってね。

これを私の頭はさも理性的に穏やかに
ただ、鎮めようとする。
それでも
湧いてくる感情ならば
それはきっと大切なこと
味わう必要がある

怒りは気づきをくれる
自分は何を最も大切としているのか?
通りすぎる事が出来ない程、自分にとって大切な事を教えてくれたりする
そして大抵それは
愛に関係している。

怒りは感じてあげると変化する
辿り着けたその場所は
きっと愛が必要な場所

怒りは原動力になる
感情は進化を促してくれる

時に怒りは
自分の大切なものを明確にする

道が呼ぶことがある

感情とはそれ程
神聖なものにもなり得る。




calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座