<< 私を知らないあなたへ 5 | main | 私を知らないあなたへ 6 >>

変えられないもの

前に夫に伝えておこうと思い、もし私が死んだら
と、話をしたことがある

たとえどんな死に方をしたとしても
それがいつ、だったとしても
何が死因になったとしても
それが
私の寿命だからね

だから
悔しかっただろうとか
無念だったろうとか
もし他の道を歩いていればとか
他の病院にかかっていたらとか
そういうの一切いらないからね

そして夕美は満足して死んでいった、と
なんの心配も未練もなく次に行けたのだなぁと、そう思ってね

って。
そしたら

うん、わかった。って言ってくれた。

私は
ああ、今日死んでもいい!って思える日を過ごせている。
それは今日も
そうだった

全力で
胸いっぱいで
満面で
愛されて、愛を感じて

それでもまだ神様が生かしてくれるのなら
やっぱり

やっぱりどうしても
感謝したくなるのです。
その愛に応えたいと思ってしまうのです。


若すぎたとか、
早すぎたとか、
かわいそうにとか、
そういうの
私は決められたくない。

神の御心に生も死も従いたい。
それまで
全力で今日を感じていたい。
生きていられること、死を思えることにも感謝しています。

みなさまもどうぞ素敵な毎日を!







calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座